2015年3月23日月曜日

レトルト食品の撮影&デザインのコトin臼杵

こんにちは!


あっという間に3月後半になりました。
早いですね〜。あったかいですね〜♪

今年もお花見が楽しみな後藤です。


先日、臼杵で撮影したレトルト食品の
ご紹介をさせて下さい!

臼杵市にあるポルト蔵のマスター
安野祐二さんが
プロデュースされた『黄飯かやく』の
レトルトパックパッケージと
広告用ポスターの
撮影とデザインをさせていただきました。

黄飯かやくとは・・・
江戸時代、財政が困窮したことから質素倹約が
推奨された臼杵では、
慶事などに出す赤飯の代わりにクチナシで色を付けた
黄色い飯『黄飯オウハン』を出していました。
その副食として魚肉、豆腐、大根等を主体として
作った料理を『黄飯』の上にかけて
食べていました。これが『かやく』です。


臼杵の方であれば
馴染みのある料理ですが
大分市内ではあまり
知られていないのではないでしょうか。

そんなヘルシーで素朴な料理を
レトルト食品にしてたくさんの方に
知ってもらおう!
という安野さんの声で
出来上がったレトルトパック。


魚肉は、
ミネラルが豊富な臼杵の漁場でとれた、
ほんまもんのエソ、ハモ、カマガリ、ブリ。
新鮮な魚は臼杵の安東水産さんからご協力頂きました♡



野菜は、
‘うすき夢堆肥’で土づくりをされた
野津の畑で育った、
ほんまもんの大根、人参、ゴボウ。
野津での撮影にご協力いただいた農家の藤嶋さんから
お土産にほんまもん人参も頂きました笑♡


ほんまもん食材とは・・・こちらから



こだわり抜いた食材でできた
『黄飯かやく』は本当に
素材の味を活かした優しい
味わいでした。
撮影の合間にしっかり試食させていただきました笑)




この味をずっと受け継ぎ、
伝えていきたいという
臼杵の郷土愛を感じた撮影でした♪




臼杵へお寄りの際はぜひポルト蔵へ♪
黄飯や、かやくのランチも
いただけますよ☆








各種撮影・女子の♪写真教室のお問い合わせは
hi-ron-163@q.vodafone.ne.jp 児玉まで!
ホームページはコチラ → studio-penelope | studio-penelope







0 件のコメント:

コメントを投稿